村上伝統の味を守る 神様に捧げた鮭 塩引き鮭一鰭(いちびれ)

村上名産 塩引鮭切身一鰭(いちびれ)

村上名産 塩引鮭切身一鰭(いちびれ)
村上伝統の味を守る 神様に捧げた鮭 塩引鮭一鰭

昔から越後村上で「年取り魚」として食べられてきた塩引鮭、
特に「塩引き鮭の一びれ」はお正月に年神様をお迎えするためお供えされています。
塩引鮭一匹からニ切れしかとれない貴重な部位。
村上では昔から塩引鮭の一びれは神棚に供えたあと、
その家の家長の膳にのるしきたりがあります。
縁起ものでもある【一びれ】いかがですか。

塩引き鮭 一鰭(いちびれ)
杉浦太陽さんの うまさ逸品 取り寄せたいYO!

鮭のまち・村上では
お正月料理だってもちろん鮭が主役。
これがなければ年が明けない!という人もいるほど。
鮭とともに歩んできた村上ならではの、
歴史が息づく郷土の味を
ぜひご堪能下さい!

昔から大晦日の「年取り魚」として
食されてきた塩引鮭。

旬の秋鮭に塩をすり込み、
塩漬け・塩抜きを経てさらに
日本海の寒風にさらすこと1週間。

じっくりと熟成された旨みがなんともいえぬ味わい!
焼いて食べればごはんもお酒も
思わずどんどん進んじゃいます♪

一尾から二つしか取れない
貴重な「一びれ(カマ)」は、年神様へのお供え物。
お供えした後は家長のお膳にのるしきたりでした。

そんな縁起物の「一びれ」を、
ぜひ味わってみませんか?
来年はきっといいことが…(^^)